妙高高原でスキーを楽しむ

新潟県の観光地でよく行く場所が妙高高原です。

特に冬の時期に頻繁にスキーをしにこの場所に行きます。妙高高原の魅力は、本州でも数少ないパウダースノーで滑ることができるということです。

私の住んでいる地域にもスキー場はありますが、標高が低いためにどうしても雪質が悪く、3月になると氷のような斜面で滑らなければいけません。しかし妙高高原は、標高が高いために3月でもパウダースキーで滑ることができます。スキー場の規模も大きいので、色々なコースを滑ることが出来るのも魅力の1つです。

妙高高原ではスキーをすることができる期間が長く、年によっては5月ごろまでスキーを楽しむことができます。スキーが好きな私にとって、妙高高原は毎年通っている場所であり、スキーをして温泉付きのホテルに泊まってゆっくりするというのが、毎年のルーティンワークになっています。

地元から少し距離は離れているのですが、それでも行きたくなる魅力を持っている場所です。